Boribon Kippkopp Laci és az oroszlán Kockásfülu nyúl Egyebek Marék Veronika

耳がチェック柄のうさぎ

このお話はある古いスーツケースの中に住んでいます。そのスーツケースはというと ある物置きの中にあって、その物置きはというと ある高層ビルのてっぺんにあって、すずめも飛んでこれないような所にあります。
スーツケースが開いて、お話が、つまりは耳がチェック柄のうさぎが飛び出します。
望遠鏡をのぞいて、街で友達たちが何をしているのかを見ます。もちろん、こどもたちには
いつも何かハプニングが起きるものです。そこで、うさぎは耳をヘリコプターのプロペラのようにして空を飛んで友達たちを助けに行きます。